スイムレッスン&ラン20050402メニュー


新年度早々のためか、レッスンの参加メンバが多かった。
このところ背筋を使う練習が続いている。エントリー、伸びから腕を開いてゆく時と、そこからキャッチした後のプルで、腕の筋肉をあまり使わず、背筋を使う。練習では、腕を伸ばしたまま紐を引くイメージでむしろ横に開くような動作になる。ボールを投げる動作で言えばオーバハンドスロー。肩の付け根に負荷がかかるようで、やや非力なので筋力強化が必要な感じ。
ひじが体側に着くまで両肩甲骨の間を狭めるようにプルを続け、プッシュはするどく早くする。
バック:
 キック 腿とお尻の筋肉で蹴るように意識。上体も背中を絞るように力を入れ続ける。
 コンビネーション プルから身体を腕に乗せて行くイメージを減らし、紐を引くイメージでプル。これがなかなかできない。早くからプッシュに切り替わるような動作になってしまう。腕の帰りが早すぎる。なるべく長く肩甲骨を縮める動きを出すように意識。
 両手でエントリー 両肩甲骨の間を狭める時間を長くするようにプル。やや背中側に紐を引く動作になる。手のひらでかくのではなく腕全体でかく。
クロール:
 コンビネーション プルを背中の筋肉で始めるように意識。左腕のプルでバランスを崩しがち。
 (板なし)キック ストリームラインを作るように意識してキック。
 横泳ぎ ももを後ろに引いてからキックするように意識。きつい。
 片手クロール エントリの後、背中の筋肉で横に押すようにキャッチ、ひじを持ち上げたまま、肩甲骨を縮める動きをしながら紐を引くようにプル。横に開くような動きになる。左腕がうまくできない。
 コンビネーション 腕を曲げて内側にかきこむ動作が入ってしまう。
バタフライ:
 キック ももと腹筋に力を入れ足先の力は抜く。足先を支点に上体をうねるように意識。胸を押すようなイメージが出る。
 片手 背中で横に押すイメージを持ってキャッチし、横方向に紐を引くようにプル。プッシュも横につっぱるようにワンアクションで終える。
 コンビネーション 腕の使い方はそのままで、両肩甲骨を狭める方向に強く力をこめてプッシュからプルする。腕を内側にかきこむ動作はあまり入らなく、身体の横で腕を伸ばし気味に使う。

ラン: 6分/km 10km
 脚、腰を一直線に伸ばして着地し、体幹のばねで伸びる走り。脚の開きを大きくして歩幅をかせぐのではなく、一歩一歩飛ぶことで歩幅をかせぐイメージ。骨盤を前傾させるように意識し、骨盤を柔らかく使うイメージ。走り始めはいつもより疲労感があるが、慣れるに従って持久力を保ち易いように思えてきた。

杏が満開。桜はまだ2分咲きくらい。

広告