皇居まで


2週間前のフルマラソンの疲れがまだ残っている。先週に続き、道端の花を撮ったりしながら休み休み皇居まで走った。皇居は2週。往復を入れて約20kmのLSDだった。桜田門から半蔵門にかけてはお堀端にすみれが咲いている。
ランは身体が重いのと、呼吸筋と背骨の骨格筋が疲れている感じ。脚の筋肉を使わず、腰の動きで脚を運ぶような走りを試みる。肩をすぼめるような感じにすると背筋が伸び着地のショックが背骨までストレートに伝わる。天を仰いで走ると分かりやすい。呼吸が楽になり、背筋でリズムを取る動きになって身体の動きが大きくなるように感じる。

写真は財務省の前の見事なシャクヤク。

広告