サザンカ


11月に咲き始めて、まだ次々と新しい蕾をつけている。雪の日も、そこだけ明るい。
「縄文人は飲んべえだった」の続き。13000年前ころから気候が緩んで海水面が上昇し、日本が大陸から切り離される。8500年前ころに対馬暖流が流れるようになり、日本海側の冬の豪雪が始まった。それまでの大陸の乾燥地帯が、ブナ・ナラの落葉広葉樹林帯に変わった。
土器を使う縄文文化はそこから始まる。土器は日本で発明されたかもしれないのだとのこと。どんぐりの渋抜き、煮炊きに必要だった。滋養豊富なクッキーが発掘されている。ただの狩猟民に比較して人口密度が高かったのだそうだ。

広告