フキノトウ


2月25日自然教育園にて。フキノトウを見ると裏山の雪融けを思い出す。ゴム長靴が埋まってしまわないように気をつけながら雪を踏んでゆくと、沢がそこだけ雪を融かして勢い良く流れている。フキノトウは沢の土手に雪を割るように顔を出している。小さなフキノトウを選って摘んで帰るのだが、どうやって食べたのかは良く覚えていない。「とうとうと雪割る沢にフキノトウ」

「日本語の文法を考える」
「は」は大きい広い部分を示し、「が」は小さい狭い部分を示すと見る見解もある、と三浦さんらの説を紹介している。しかし、そうでないケースとして、「鼻は象が大きい」などを例にあげ、丁寧に反証している。大野さんの説の方がやはり納得感がある。
大和言葉には抽象名詞が少ないことを指摘していたのはこの本だった。漢字が入ってきて新たに抽象名詞を作る必要がなかったから、あるいは、できかけた抽象名詞が漢字に押されて使われなくなってしまった、と言う解説である。輸入された抽象名詞は音声言語としては定着しにくかったため、未だに日本人の言論に影を落としていると指摘する。
一方でオノマトペアは、アイヌ語・朝鮮語・マレイ語などに固有の語の作り方らしい。「くるま」「そそぐ」などなどオノマトペアを語幹とする語彙も多いのだそうだ。感覚と対象を融合させ未分化のまま言語化して行く表現方法は抽象名詞が少ないことと表裏の関係にあるとする。
日本人の弁論べたは日本語の起源に遡る問題なのだろうか。

広告