ラン&スイム


雨が降る前に自然教育園を一回り。次々と春の花が咲き始めている。ハコベ、セントウソウ、オオイヌノフグリ、イカリソウ、ヤブレガサ、ラショウモンカズラ。ヒトリシズカが満開、と言っても華やかさはない。ニリンソウも二輪目が咲き始めた。早くもシャガが咲いている。そして、ノウルシの群生が湿原を明るくしている。「ノウルシの雲間に薄日野を染めぬ」。夕方はジムでいつもルーティン。トレッドミルで走るのは道路を走るのと筋肉の使いかたが少し違う。インストラクタによると1~2%傾斜をつけると、だいたい同じになるとのこと。さっそく2%の傾斜で走る。100m行って2m高度を上げるだけ。走り始めはほとんどその差は分からない。しかし、垂直方向の距離は水平方向の距離に換算すると10倍くらいに相当すると言う。だから、時速10kmで2%の傾斜を上ると時速12km相当になるらしい。2、3km走っただけでその差は歴然。何とか10km走りきったがかなりきつくて、とてもキロ3分40秒の走りを入れるどころでない。スイムも1000m泳ぐの精一杯で帰宅。

ラン: 傾斜2%、キロ6分で10km。
スイム: クロール1000m約23分。

広告