ラン&スイム


日が照ると暑い一日。自転車で散歩しようとしたら、意外に疲労残り。腰を折って背中で姿勢を保つのがつらい。すぐにギブアップして自然教育園の散歩に切り替え。溢れるような緑が目に優しい。アオサギが小魚を取っている。動きが早いので撮影が難しく、嘴が水についた瞬間を捕らえたと思ったら、シャッタースピードが速くて動きが完全に止まっている。何の変哲のない絵になってしまった。夕方はジムでルーティン。

ラン: キロ6分。傾斜2%。10km。
昨日よりは疲労を感じるが、走り終わった後はむしろ疲労を忘れる感じ。

スイム: クロール1000m。
800mくらいから左脚ふくらはぎがつり気味。富士五湖で痛んだところが回復しつつあるのだろう。

井上光貞監訳「日本書紀」
71年の本。戦後の学会での記紀排斥が一段落し、再評価が始まったころの訳。最初の解説で記紀研究を網羅的に概説している。
今回はまず、本文だけを読むことにする。一書部分を読んでいると分けがわからなくなる。本分だけだと神話の最初の部分は古事記よりシンプルだ。シンプルすぎて、イザナミの命が亡くなるくだりがなかったりする。神の数もうんと少ない。
新訂「古事記」の解説によると氏族の数も少ないのだと言う。正史として割切りができるようになったと言うことなのだろうか。

広告