大輪のバラ


5月5日、近所のお宅。毎年、大輪のバラを咲かせていて、楽しみにしている。今年も見事な咲きっぷり。両手で支えたくなるほどの大きさ。「両の手に大輪のバラ香り満つ」。

「日本書紀」
神功皇后まで。魏志倭人伝を引いていることは知っていたが、卑弥呼の時代であることを強調しているように読める。邪馬台国畿内説を取った最初の書と言う事になるのだろうか。

広告