ラン


今にも降りだしそうな梅雨の涼しい一日。寄り道してねむの木の庭に寄ったら、庭師さんがねむの木の花が咲いていることを教えてくれる。教えられなければ見落とすところだった。糸状の花のように見えるのはおしべとか。「雲間翔ぶ夢まぼろしのねぶの花」。
夕方、ジムへ。ポツリポツリと来そうな空と相談して皇居まで走る。昨日とはうって変わって涼しい。LSDのつもりなのでキロ7分を目標に走るが、皇居2周はキロ6分になってしまった。帰路、エネルギー切れの感じで全身の力が抜けるが、上体を柔らかく使って走り続けられた。初めての感覚かもしれない。

ラン LSD。皇居まで、皇居2周。

大野晋さん「日本語はいかにして成立したか」
「大和万葉旅行」は、難しくて読み進まないので中断。
1957年の「日本語の起源」、その後20年の研究成果に基づいて書かれている。縄文時代のオーストロネシア語の上に、弥生時代にタミル語が入り、古墳時代にアルタイ語が入ったとする。食物起源神話の変遷がそれに対応することを説明していて、興味深い。

広告