ラン&スイムレッスン20060701メニュー


もう7月!転んで脚を痛めて走れなかった日があったので6月は走りこみ不足。7月は頑張りたいが、、、。暑い。
スイムレッスンの後、食事して、昼寝したり本を読んで暇つぶしをして16時すぎから走ってみる。ぽつりぽつりと雨が降ってはいるが、汗の方がよほど濡れるので、走るにはむしろ都合が良い。痛めた方の脚がまだ重たい感じがする。
写真はミヤマカラスアゲハ、7月1日自然教育園にて。写真を撮ってくれとでも言うように足元を飛び交い、そちこちに留まっている。「舞い踊りしなを作りつアゲハ待ち」

スイム
バック:
コンビネーション 25mx6本。リカバリで肩が耳に触れるように意識し、キャッチのタイミングをそれにあわせる。
キック 肩幅に腕を広げてのキックを含め25mx6本。親指を上にし手首を手のひら側に折ること。
片手 肩幅に広げた位置にエントリする。曲げた手首の側に曲がりやすい。水の流れが感じられる。
タッチバック? 肩幅に広げた位置にエントリする。
コンビネーション 大殿筋を締めて腰を浮かせるように注意。
クロール:
コンビネーション 50m
板なしキック
ビルドアップインターバル 1分45秒4本。各回毎に徐々にスピードアップ。4本目、しっかり泳いでいるフォームが良いとのこと。
ビルドダウン?インターバル 1分45秒4本。最初90%。各回毎に徐々にスピードダウン。
クールダウン 50m
バタフライ:
キック 胸と背中から動かすキックを試みるがうまく行かない。もっと前傾する意識が必要なのだとか。
片手 リカバリの腕を横から回して戻すように注意。エントリの前に一呼吸置くように注意。
コンビネーション 腰をもっと浮かせるように注意。腰を引き上げようと意識すると浮いてくることが分かる。が、疲れる。

ラン 皇居まで、皇居2周。20kmのLSD。
いろんな走りを試みる。拇指球に乗っている時間を長めにして歩幅を大きくする。大殿筋を締めて腰から脚を運ぶ。上体を柔らかく使って腕振り。歩幅を狭め、大腿骨を内側に寄せて脚を棒のように降る。などなど。
皇居の半周毎に給水。

「日本語はいかにして成立したか」
読了。何度も読み返す本。
日本で最初に漢字の字書を作ったのは830年ごろ、空海であると言う。16000語の部首別の字書なのだそうだ。意味は漢語で説明している。900年ごろ奈良の学僧昌住は和訓が3500語ほど書き込まれた字書を作った。当時の仏教寺院が学問の府でもあったことが伺われる。
和漢字書の最初は「色葉字類抄」。いつの成立か書かれていない。
平安時代には高い学術水準にあったことが推察される。

広告