ラン&スイムレッスン20060722メニュー


先週末サボった分を取り返すつもりで走り始めたものの、皇居2周したあたりで暑さにめげる。皇居からの帰りコンビニでジュースを買って飲むと、すぐに元気が回復する。ジュースの冷たさが良いのだろうか、水分補給が良いのだろうか、カロリーが効くのだろうか。皇居周回中に温い水を飲んでも元気は出ないので、やっぱりカロリーかな。15kmくらいでエネルギー切れしているようでは本番が思いやられる。
写真はウバユリ、7月22日自然教育園にて。いたるところで咲き誇っている。先々週は影も形もなかったような気がするのに。

スイム
バック:
コンビネーション 25m6本
キック
片手前のキック エントリー後の姿勢を作る。両の肩を自然に回しただけで良く、腕だけを無理に伸ばさないこと。腰から下はなるべく水平を保つ。ローリングで姿勢を崩さないのがポイント。
10回キックで腕を交代 交代した腕がなかなか水の中に入って行かない。交代の時の掻きはじめはリカバリの腕が十分に上がってから。
5回キックで腕を交代。3回キックで腕を交代。 だんだんコンビネーションに近くなるが、コンビネーションのリズムが取り難くなってしまった。
クロール:
コンビネーション 50m
板キック 50m2本。
コンビネーション 25m1分のインタバール。ビデオ撮影してくれて、見せてくれる。エントリ後の前方への伸びが足りない。
バタフライ:
キック
コンビネーション フラットな泳ぎ。深く潜らず胸だけ押し出して十分に伸びる。腕は頭の後ろから肩甲骨の動きを使って浅いところを掻いてゆく。柔軟性を効かして腕の力を使わず水面を水平にリカバリしてくる。エントリの伸びも腕を伸ばすのでなく、力を抜いて肩を前に伸ばす。

ラン: 皇居往復、2周。20km。
皇居の下り坂で高い姿勢で走る練習。下り終わってしばらくは平地でも高い姿勢が保てるがだんだんいつも通り低くなってしまい、上り坂で元に戻ってしまう。上体を持ち上げる筋肉と呼吸筋を鍛える必要がありそう。

「日本語はいかにして成立したか」

広告