ラン


梅雨明けを思わせる夕べ。気温は高いけれど、湿度が低いのか心持ち過ごしやすい。夜、ジムから皇居へ走る。腕振りを大きくして走るがぎこちない。どうも上体の使い方がうまくないようだ。皇居2周目は少し早めに走ってみる。2周走り終わって、LSDの時より疲れが少ないようだ。水分補給も皇居の往きかえりのコンビニでのジュースだけ。暑さに慣れてきたのだろうか。
写真はモミジアオイ、7月26日高架下にて。タチアオイが咲いていたあたりに咲いている。最初ハイビスカスかと思った。「夏空を赤く透かして紅蜀葵」

ラン: 皇居往復、皇居2周約20km。

「日本人のあの世観」
読み直し。梅原猛さんは、アイヌ語は縄文語を祖語とするとする。大野晋さんはアイヌ語は日本語から語彙を借用したので類似後があるとするが、そうではないと批判している。この論争に結論は出ているのだろうか。

広告