ラン


雨上がりの夕方だと言うのに暑いこと、今年一番と感じた。疲労をためないように軽くランのつもりだが、暑さが厳しくいつもよりつらいくらい。暑熱馴化には良かったかもしれない。1時間弱のゆっくりランだと言うのに走り終わって1kg体重が減少するほど汗をかいた。
写真はツリガネニンジン、8月20日自然教育園にて。根が朝鮮人参ににていることからニンジンがついている。これも秋の花なので、花の世界はもう秋になってしまったようだ。「振り向けば釣鐘人参鈴音あげ」

ラン: 疲労回復ラン約8km。
上体に昨日のスイムの筋肉疲労が残っていて、柔らかな走りができない。走り終わるころになってやっと柔軟性が戻ってきたような感じだった。

「ここからはじまる日本語学」
分の構造として、叙述内容と現表態度とでモデル化する立場で解説。現表態度は叙述内容に対する認識判断(だろう、など)、聞き手に対する伝達のあり方(ね、など)とで構成される。学校文法を批判するでもないが、学校文法とは距離のある文法観のようだ。

広告