ヤブレガサ


10月1日、自然教育園にて。若葉が出た姿が破れ傘を思わせる。面白いと思って見ていたのだが、当然とは言えやっぱり花が咲く。「雨降りに歩きつかれてヤブレガサ」

「日本のことばとこころ」
対人関係への配慮。社会のありようが言葉を作り、言葉が社会を規定しているとする。日本語は話して中心の言葉で、それゆえ聞き手との関係を円滑にするために敬意表現が発達した、と言う。そうなのだろうか。そう言う気もするが、違う視点も欲しい気がする。話し手中心の語用と聞き手中心の語用とがある、とするわけにはいかないのだろうか。

広告