カワラナデシコ


10月14日、ねむの木の庭にて。白花の大和撫子。撫子は万葉集に26首も詠まれていると言う。枕草子にも登場する「草の花は撫子、唐のはさらなり、大和のもいとめでたし」と。「おもひぐさ揺れる庭にて酔て寝む」

「天皇家のふるさと、日向をゆく」
ワタツミの国は薩摩半島開門町ではないかとする。魚鱗の如造れる宮、異国情緒豊かな宮殿があったのだろう。枚聞神社はかつて和多都美神社と呼ばれていた。国家神道が祭る神を変えてしまった。

広告