ラン


ちょっと身体がだるいので積極的疲労回復のつもりで走り始める。タイムも操作ミスで取り損なってしまった。着地のたびに足裏が少し痛むのは昨日の駅伝で頑張ったせいだろう。ついでなので足裏を反して持ち上げるように意識して走ってみる。ふくらはぎがつるかと思ったらそうでもなく、最後まで走りきれた。脚の回転がスムーズでピッチを上げられるようだ。18時過ぎの皇居は走っている人が少ない。気候が良くなって陽の高いうちに走るようになったのだろうか。
写真はシロヨメナ。10月29日自然教育園にて。「シロヨメナ一人静かにもの思い」

ラン: 皇居往復、皇居2周約20km。
積極的疲労回復ラン。

関裕二さん「日本書紀:塗り替えられた古代史の謎」
日本書紀は正史として書かれた。すなわち勝者による歴史の改竄の書であるとする。年代設定には矛盾が多い。例えば神功皇后記には、西暦239年の記事と西暦375年の記事がある。とは言え、古代史の第一級の資料であることは間違いない。

広告