ラン&スイム


皇居に向かう途中、少し雨がぱらついてくる。気分も乗らないし、いつものコンビニでジュースを飲んで引き返す。結局雨は降らなかったので、皇居を走っても良かったのだが、こんな日があっても良い。その替わりゆっくりスイム。久しぶりに1km泳いだ。途中800mくらいから脚がつるのだが、ごまかしながら泳ぎきれた。変な話だがスイムも上達したと実感する。
写真はダチュラ。11月31日、近所のお宅。真正面だけから見ると何の花か分からない。背は低いし、やや上向きに咲いている。いつものサイトで教えてもらって、改めて横から見たらちゃんとラッパ型をしている。ぶら下がっている印象しかなかったので分からなかった。

ラン: 皇居手前のコンビニまで往復約8km。
足の裏を返すように意識して走る。

スイム: クロール1000m
キックを小さく。

「まぼろしの祝詞誕生」
五世紀の倭の五王は九州王朝の王だとする。当時は少なくとも3国家が存在し、大陸に認められていたのは唯一九州王朝だったとするのだ。現在の常識は例えば雄略天皇を倭王武としてほぼ間違いないとされている。縄文から弥生、古墳に亘るほとんどの常識をひっくり返す説をとなえていて、もし正しければパラダイムシフトと言うべきである。

広告