ススキの群れ


11月12日、自然教育園にて。「陽を貯めて穂より発光するススキ」

「倭人伝を徹底して読む」
里程論。周代までは短里だった。秦・漢は長里。魏になって古法に戻る。さらに後漢以後は一環して長里。これを文献にあたり詳細に論ずる。さらに、他の距離の分析、天文文献にある距離の分析を積み上げ、倭人伝の倭に至る里程を短里で説明する。分かり易く、疑問を差し挟む余地がないように思える。

広告