水鏡に映る緑


11月12日、自然教育園にて。「水鏡微かに揺れて深緑」

「倭人伝を徹底して読む」
倭人伝の固有名詞、戸数をとりあげ記事の詳細を読んでゆく。倭は「ゐ」と読むべきとする。井戸の井、海人には神聖な存在だ。戸は魏の制度上の単位、家はそれ以外を指す。同様に県か郡かも制度に違いになる。風土記には県を使う風土記と郡を使う風土記とがある。前者は九州王朝の制度で書いているに違いない。評から郡への変遷もあったらしい。8世紀のことかもしれない。

広告