カラスウリ


11月12日、自然教育園にて。カラスが好んで食べると言う。自然教育園にはカラスの大群が群れているのに、残っているのが面白い。他によほど美味しいものがあるのだろう。「烏瓜青空の下食べ残り」

「倭人伝を徹底して読む」
考古学の定説では卑弥呼が賜った銅鏡100枚は三角縁神獣鏡だとされている。これは近畿を中心に出土するが、全て古墳からの出土であり弥生遺跡からは出土しない。これまで確認されているだけでもは400枚以上にもなる。しかし、中国からは1枚も出土していない。古田さんは当然、これは日本製で古墳時代の物だと考える。この本は92年に出版されているが、その後も定説は変わっていないのだろうか。森浩一さんは明確に日本製と断言しているが。

広告