キク


11月7日、花の小公園にて。24日の今朝も変わらず咲いている。香りも変わらない。息の長い花だ。「黄の香り朝のささやき菊の花」

豊田有恒さん「歴史から消された邪馬台国の謎」
作家豊田さんが2005年現在の考古学の理解で解説する。古田さんの説も簡単に紹介するが、九州王朝を認知しない。邪馬台国もそのままで邪馬倭国説の紹介もしない。里程も従来の説のままで短里の問題には触れない。肩透かしの印象が残る。倭が朝鮮半島南部に起こり、九州北部に版図を拡げたとする説を展開しているがこれも古田説とは距離をおいている。

広告