バラ


12月3日、新宿御苑バラ園にて。

「神社が語りつぐ古代史の真実」
出雲の王スサノオが九州をも制圧し、アマテラスを現地妻にする。大国主はスサノオの末娘、アマテラスの末娘を妻にして両国の王となる。しかし、大国主はアマテラスより先に死に、アマテラスが女王すなわち卑弥呼となって九州に君臨する。その子は出雲を制圧する。さらに、スサノオの子ニギハヤヒが治めていた大和に、アマテラスの孫のイワレヒコが迎えられ婿入りして大和と九州も大同団結した。
神社に残る神名からたどるとこうなると言うが、相当に無理がありそう。

広告