ラン


少し無理をして走ってみる。疲れは全身均一なわけではなくて、ところどころに強く残っているようだ。背中の、腕を振る筋肉に一番疲れが残っている。次いで呼吸筋(?)。腹腔を広げる筋肉がきつい。ハムストリングを使うために姿勢を保つ筋肉も疲れている。かと言って特にスピードが落ちるわけではないのが不思議。皇居1周が25分で走れた。
写真は12月9日。陽に当たって輝く紅葉と木の陰とのコントラストが面白かった。

ラン: 皇居往復、皇居1周15km

「日本人の骨とルーツ」
歯の人類学、日本人の顔、と興味深い研究成果が盛りだくさん。歯の特徴から、縄文人とアイヌ、琉球人、アボリジニ、伊豆諸島、奄美群島の人が近い。グアム、ハワイ、ポリネシアの人々が近い。フィリピンの先住民がその中間になる。フィリピンあたりから二つに分かれたのかもしれない。

広告