ラン&スイムレッスン20070203メニュー


陽気に誘われて久しぶりに皇居を走る。夕方寒くなる前に走り終えたかったので、昼食後1時間ほどでスタート。息が上がらないスピードに抑える。キロ7分くらいだろうか。消化にはそれほど邪魔にならないようだ。皇居、半蔵門からの下り坂だけ気合を入れて走った。練習としてはメリハリが利いて良いようだ。
今日のスイムレッスンで、5年来意識してやっていた動作が誤りだったことが分かった。肘を高く上げるために肩を内側にひねるようにしていたのだが、やりすぎとのこと。バタフライで注意されて分かったことだが、クロールも同じ。そういう誤動作がまだあるに違いない。
写真は1月29日、高架下にて。朝、曇天で暗かったのでややピンボケ。

スイムレッスン
バック:
ウォーミングアップ ブレスト25mx2、バック25mx2。
け伸び25m、帰り25mキック x2。思い切り息を吸うと浮きが良くなり、け伸び1回で進む距離が伸びる。
板でささえた片手バック 伸びている時間を長くしてエントリー後のローリング姿勢を作る練習。25mづつ片手交代し、左右各2本。
コンビネーション エントリした腕をリカバリの腕に入れ替えるまで伸ばしたままの姿勢を保つ練習。25mx6本。

クロール:
ウォーミングアップ 50m
プルブイを使ったキック 25mx4本。プルブイを進行方向に正しく向ける。
同横キック 25mx左右各2本。鼻に水が入ってとってもつらい。
同5mくらいで向きの入れ替え 25mx4本。ローリングの練習。腰の主導でローリングする。
同タッチクロール リカバリの腕をエントリー前にしばらく止める練習。横腹の筋肉が伸びるように。腰主導でローリングすること。

バタフライ:
キック 25mx2本。
プルブイを使ったキック 25mx4本。以前はうまく進まなかったが、なんとか進むようになった。
プルブイを脚に挟んだコンビネーション とっても楽。肩をすぼめて身体を細くしてエントリーする。深くかきこんでから横に開く。
コンビネーション 腹筋を緩めない。肩をすぼめる動作が不足らしい。さらにあごを引くこと。

ラン: 皇居往復、皇居2周。20km。
LSD。食後1時間でスタートなので、歩くのと変わらない強度を心がけて走る。キロ7分くらい。皇居はキロ6分で2周しちょうど1時間だった。帰路、脚を前に振り出す動作に力を込める。

「ヒトはなぜ夢を見るのか」
頭の良し悪し、回転の速い遅い、食べ物で良し悪しが決まるか、クラシック音楽を聴くと頭が良くなるか、などなど、興味深い話が続く。学業成績の良し悪しは頭の良し悪しのほんの一部の現象でしかないことをうまく説明している。身体各器官を制御する頭の働きは驚異的なもので、その全体としての良し悪しがあっての学業成績。その良し悪しは結果でしかない。

広告