コンロンカ


3月10日、コンロンカではないかと思うが、、、。宮古島にて。

梅原猛さん、中上健次さん「君は弥生人か縄文人か」
対談。熊野は縄文の残る国。天皇が通った平安時代から日本の原点回帰の場として意識されていたのではないか。アイヌは縄文人の直接の末裔。弥生時代、西日本から徐々に大陸からの渡来人が混血し、言語・文化を重畳していったが、基層として残っている。東日本は古墳時代においても縄文人の国として認識されていたはず。
柳田国男が見出した「おしらさま」はアイヌのシランパカムイだろう。木の神。アイヌは全ての生物はあの世では人間だと信じていた。この世にはミヤンゲを持って仮の姿で存在している。木は恵みをもたらす根源である。

広告

コンロンカ」への1件のフィードバック

  1. 脚やせは簡単です。エステに行く必要のなくなる脚やせ法!

    「もう少し脚を細くしたいなあ・・・」 「下半身だけ、もっとスリムにしたいな・・・…

コメントは受け付けていません。