ラン&スイム


外を走るつもりでジムに行ったのだが、寒さにめげてインドアで筋トレ・トレッドミル・ストレッチ・スイムのルーティン。帰宅途中でカロリーゼリー180kcal。ランの後、100kcal。エネルギー切れは感じない。
写真はボケ、3月12日池田山公園にて。左奥に赤い花びら無残な姿。今年は結局赤い花は全てこんな風に食べられてしまったようだ。

筋トレ: 15回でオールアウトの強度で1セット。
脚力はウェイトが上がってきた。腕力系はからっきしでむしろ、きつくなるばかりの気がする。

ラン: キロ6分傾斜2%10km

スイム: クロール1000m

梅原猛さん「塔」
哲学教授を辞した後、古代史にのめり込んで行く。この仕事の過程で日本書紀を成立させた藤原不比等を見出し、刑死させられた柿本人麻呂を見出し、聖徳太子の鎮魂寺としての法隆寺を見出した。
西欧の塔は生への意志の表現として人間の形而上学的衝動の結果として立てられるとする説がある。仏舎利を納める東洋の塔は死への省察も含まれている。西洋においてもそれは変わらないのかもしれない。
仏塔が伝来する前、古墳がその目的を持って作られた。前方後円墳は三輪山の複製である。秀麗な形を持ち、自然に帰する意志を持ってデザインされていた。有明海に注ぐ川沿いに装飾古墳が多数分布する。これは太陽と海と結びの呪術を象形している。

広告