ラン&スイムレッスン20070317メニュー


自然教育園に寄ると春の花が予想以上にたくさん咲いている。ジムに行くのが遅れてスイムレッスン前に5kmしか走れなかった。
写真はシャガ、3月17日自然教育園にて。これは例年より早いのではないだろうか。逆にカタクリがまだ咲いていない。ユキワリイチゲも寒そうに開きかけのまま下を向いている。

ラン: キロ6分傾斜2%5km
蹴ると言うより脚を棒のようにしたまま引き上げる感覚で走る。内転筋を使うのでとても力がいるけれど、こう言う走り方もできるようになってきた。と言うか、子供の頃はこうやって走っていたのかもしれない。

スイム:
バック:
ウォーミングアップ ブレスト25mx2、クロール25mx2、バック25mx2
蹴伸び25m、キック25m 3本
コンビネーション 25m
コースロープを使って進む25m、帰りコンビネーション25m 3本は左腕はきおつけ、3本はコンビネーション。ローリングしても腕は水面を直線的にかく練習。
レッスン終了後、左腕の練習 3本。

クロール:
コンビネーション 25mx4本。
板キック 25mx4本。腹筋に力を入れて腰を持ち上げる。
板を持った片手クロール 25m左右各3本。入水位置のチェック。手前から入れて水中で腕を伸ばす。いつものコーチはなるべく遠くで入水するように指導するので違和感がある。入水後重心を前に早く持って行くのを重視すると手前で入れる方が良いらしい。
コンビネーション 25mx2本。入水位置を気をつけた練習。
インターバル 25m45秒6本。
コンビネーション 50m。

バタフライ:
コンビネーション 25m
第一キック 25mx2本。毎回立ち上がりながらの第一キック。身体をそらせて浮き上がる感覚を作る。腕が頭の後ろにあるくらいに伸ばすのがポイント。
第二キック 25mx2本。毎回立ち上がりながら第一キックの後の浮き上がりでダイニック。
かき 25mx2本。毎回立ち上がりながら、第二キックの後浮き上がりで一かき。
コンビネーション 25mx2本。同じタイミングで。

「塔」
多武峰談山神社の十三重の塔。藤原鎌足を祭った。縁起によると鎌足の長男、定慧が建てたと伝える。しかし、実は孝徳天皇の子ではないかとされる定慧は鎌足より先に死んでいるはずで、不比等が建てたのだろう。
竜田神社と広瀬神社。天武は新たな神を創生しようとした。伊勢神宮の神に先立つ試みだったのかもしれない。
薬師寺。天武が持統天皇のために発願し、天武の死後、持統天皇が完成させる。
大官大寺。天武が発願し天武の末年に完成したらしい。天武の意志による国家第一の寺として創設されたが、藤原京では薬師寺にその役割が移る。平城京では、大安寺と名前まで変えられてしまった。
興福寺。不比等が創建した藤原氏の氏寺だが、4大寺の一つとしての地位を占める。以前の川原寺、弘福寺の後を襲った。興福寺の南には元興寺がある。蘇我氏の氏寺だった飛鳥寺、法興寺が移ってきたものだが、藤原氏の支配下におかれた。
不比等の政権20年の間に、寺社政策をも完成させたと言える。

広告