ラン&スイムレッスン20070331メニュー


夕方は雨の予報。雨の中を走るのは嫌なのでスイムレッスンの前にトレッドミルで走る。内転筋を意識して走ろうとすると、歩幅が広がらないのでピッチが上がる。蹴りも強くする必要があるので最初はきついが、しばらくすると歩幅を広げようとしなくてもピッチが落ちてくるのが不思議。
写真はハナズオウ、3月29日近所のお宅にて。庭を覗き込む感じになるので少し気が引ける。

ラン: キロ6分傾斜2%6km。

スイムレッスン:
バック:
ウォームアップ ブレスト25mx2、クロール25mx2、バック25mx2。
逆伏し浮き25mキック25m 3本。浮きが悪くて苦労する。膝が曲がっているのを伸ばされるが、自分では伸ばせない。
気をつけキックでローリング クロールサイド25m、バックサイド25m。頭を固定しておくのがポイント。
コンビネーション 25mx4本。リカバリの腕を高く上げる。
クロール:
ウォームアップ クロール50m
板なしキック 25mx2本。頭を上げ気味して25mx本。お尻を持ち上げておくこと。
インターバル 息継ぎを少なく25m40秒x10本。リカバリ側のわき腹を十分に伸ばすように注意。きつい。
クールダウン 25m。
インターバル 25m45秒6本。意識してお尻を持ち上げるとうまくキックできた時の進みが良い。
バタフライ:
キック 25mx2本。
片手 左右25m各3本。エントリ後の伸びを大切に。蹴り下ろし後持ち上げるのを意識していたら膝が曲がっていると注意。
コンビネーション 25m。エントリのタイミングでお尻を持ち上げることに注意。うまく泳げる。
息継ぎを少なくコンビネーション 25mx2本。1本はノーブレスで泳ぎきれた。
息継ぎであごを上げすぎないコンビネーション 25mx2本。頭の上げ下げをほとんどせずに息継ぎができた。

「古代日本誕生の謎」
古代、東北には日高見の国と言う別国があったとされた。大化の改新の後、阿部比羅夫が北海道まで遠征し、大国がないことが判明した。分立していた小国を次々に支配下において行くが、津軽に達するのは800年代に入ってから。多賀城が築かれたのが730年頃。その後の北上の過程では、アテルイに指導された蝦夷軍が朝廷軍を再三退けるような戦いもあった。坂上田村麻呂がアテルイを下し、ようやく東北経営が軌道にのる。
大和朝廷の勢力が確立した後も、縄文時代特有の精霊崇拝の伝統は残った。アラハバキ神を祭る神社はその名残りである。

広告