ラン&スイムレッスン20070407メニュー


ジムの前に自然教育園に寄る。新しく咲いた花は少ないが、緑が濃くなってきてすがすがしい。朝早いうちから日も高く高原の初夏を感じさせる。そう言えばツツジが咲き始めている。アオキの花は咲いてから色づくことに気がついた。夜になって突然の雨。傘も持っていなかったので大慌てで自転車を飛ばして帰宅。久しぶりにずぶ濡れになってしまった。少し寒さを感じる日だったけれど、雨に濡れても平気になっている。
写真は千鳥ヶ淵。皇居の土手から望む。

スイムレッスン
バック;
ウォームアップ ブレスト25mx2。バック25mx2。
け伸び25mキック25m 3本。バランスはとれるようになってきたが相変わらず足は浮かない。
後ろ歩き25mコンビネーション25m 4本。リカバリの腕が頂点まで来たらプッシュ。最後手のひらを返すが沈めたりしない。リカバリの腕はローリングに合わせて下ろして行くが無理に後ろに引かない。
コンビネーション 25mx4本。リカバリの腕が内側に入りすぎると注意。先ほどの練習の動きだと外に行くはずがつい内側に入る。腕が外に行くとローリングでうまく腕が水中に入って行かない。
クロール:
ウォームアップ コンビネーション50m
板キック 25mx4本。お尻を上げようとするがなかなか上がらない。
肩甲骨の筋肉の使い方練習 25mx?本。頭の後ろで腕を挙げ両手で紐を引く動作。この状態の肩甲骨の筋肉を変えずに泳ぐ。初めての練習。エントリした腕をプルを始めるまでの間、この緊張感を保つことで水の抵抗が減るようだ。今まで意識したことのない動きで、肩が凝る。紐を用意して腕を曲げずに上から後ろに回す。この時の上体の使い方。
バタフライ:
キック 25mx2本。やさしくうねりで進む。
キック 50mx2本。力を抜いてキックできないと息が続かない。
片手交互のキック クロールでの肩甲骨の筋肉の使い方と同じ。肩が低いと注意。
コンビネーション 同。頭が入水する時に肘が遅れすぎていると注意。タイミングを変えるのは難しい。さて、どうするか。

ラン: 皇居往復、皇居2周20km。
スイムレッスンの前のトレッドミルでは距離が不足なので、昼食後に走る。走り始めは雲行きが怪しくて心配したが、走っている間はむしろ晴れ間が広がる様子だった。引き続き内転筋を利かせて走る。スピードが上がらずまだ全身に力が入ってしまうが、半蔵門からの下り坂を力強く走れるようになってきた。

広告