カラタネオガタマ


4月9日、近所のお宅。花びらが肉厚でとても不思議な雰囲気。変わった香りがするらしい。高いところに咲いていて香りは下まで降りてこないのが残念。

「古代史を解く九つの謎」
大化の改新については記紀の記述を比較的忠実になぞる。その後、甘樫の丘の発掘が進み、大化の改新の記述のある巻は他の巻と著者が違うことがほぼ確実になっている。黒岩さんが生きていたら新しい発見を取り入れて大胆な仮説を出してくれたに違いない。

広告