モッコウバラ


4月22日、ねむの木の庭にて。ゲートのアーチに架かっていて気品がある。棘がないのも良い。
やや筋肉痛。先週ほどではないところをみると土日各25kmに慣れてきたようだ。

「語っておきたい古代史」
鬼界カルディラは紀元前4300年ころ大爆発を起こした。その火山灰は福岡・長崎・佐賀を除く九州を覆い、そこは弥生時代も畑作地帯だった。それが熊襲の国だったのではないか。中国の江南地方と直接の交流を持っていた可能性がある。卑弥呼と対立した狗奴国に重なる。継体の時代、磐井がいたのもこの地域になる。磐井は戦いに敗れて領土の一部を謙譲したとは言え、九州が継体に支配されたわけではない。磐井とは別の勢力と思われる地域の前方後円墳が大型化した。

広告