ホウチャクソウ


4月22日自然教育園にて。

森浩一さん「古代史の窓」
何度目かの読み直し。読書百遍、ではないが、知識が繋がってきて読みながらいろいろ考えられるようになってきた。
考古学の方法論について語っているあたりは、何度読んでも納得感がある。遺跡の観光開発が地域振興に結びつく一方で、遺跡破壊にもつながり痛し痒しとも言う。
15万もの古墳のうち被葬者を特定できるのは10とか20しかない。継体-磐井戦争の当事者と継体の妻の一人の親の古墳は被葬者がそれぞれほぼ確定している稀有な例。

広告