ランニング


ジムの床にカメラを落としたらメモリカードのシャッターが壊れてしまった。つい先日修理したばかりなのに、再度修理に出さなくては。ランの後のエネルギー補給用のアミノバイタルを持忘れるし、間抜けな一日だった。
いつも通り朝食抜き、途中ジュース2本計360kcalで特にエネルギー切れは感じずに走りきれた。水分補給はジュース分を入れて1.5lくらい。10時過ぎに走り出して1時過ぎに帰ってくる頃は暑さが厳しい。時間帯は考え直す必要あり。走り終えての体重は57kgちょうどくらいだったので、発汗はまだ大したことがなさそうではある。
写真はオダマキ、5月1日花の小公園にて。

ラン: 皇居往復、皇居3周、25km。
内転筋を利かせた走り。膝をなるべく曲げないように、棒立ちの延長のような意識で走る。前に進む力を首を前に出すようにしていたのを、胸を前に出すように変える。リラックスして走れ、背中の痛みが和らぐようだ。登り・下りとも柔らかく姿勢を作れるようになってきた気がする。平坦地、特に左右傾きのある道をうまく走れれば、もう少し楽になるのだが。

「中国古代文明の謎」
四神のうち青龍・白虎は紀元前4000年にまで遡る。仰詔文化期の墓から対で見つかった。28宿との組み合わせは紀元前433年に作られたと見られる漆箱に描かれていた。朱雀と玄武が揃うのは漢代に入ってからと見られている。
十二支は秦代の木簡に詳しく記述があって、それよりも相当前に民間に流布していたと推定される。この木簡では午は鹿、未は馬、戌は羊とされている。

広告