ケマンソウ


4月24日、花の小公園にて。

「日本語はいかにして成立したか」
ウタフ。詠は言を永く引く意。謡は言を細長く伸ばす意。歌、欠は口を大きく開く、可は曲折するで、声に曲折をつける意。詩は志に通じ、心が進んで言葉になる意。ウタフはウタテと同根。ウタテは「恋したい」「逢いたい」など自分の心が勝手に進んで行く意。つまり詩と同じ命名の由来を持つ。

広告