走友会合宿


7月28日10時ころ、540mの東武日光駅から大笹牧場に向かって走る。写真は途中の最高点1440m地点から。
着替えは駅のトイレにて。牧場に着いてから着る衣類をサブザックに持ち、残りの荷物は車でペンションに運んでもらう。山に向かって走り出して大谷川(ダイヤガワ)を渡るとすぐに急な登り坂。ところどころに滑り止めの砂が置いてある。急坂もきついが暑さも相当なもの。約10km続く登り坂を登りきり、六方沢の橋を渡るとるとやっと涼しくなる。持ってきた500ccの水をちょうど飲みきり不安になるが、後はひたすら牧場レストランまで下り。急な下りで脚に大きな負担を感じ、スピードを上げないように慎重に走る。後3kmあたりからは相当脚に踏ん張りが利かなくなっているのを感じる。いつもの通り朝食抜きで走っていたが、このあたりからエネルギー切れだったかもしれない。17kmの道のりだが標高差900mのアップダウンを考えれば食料を持つべきだった。
大笹牧場では最初に食べたアイスクリームが旨い。ジンギスカンもグー。食べ過ぎたせいもあって、もう走る力が残っていない。雨が降り始めたのを幸い、バスでペンションに戻る。
29日は5時起き。5時半から滝尾神社までの約4.5kmを走る。昨晩のエネルギー補填がうまく行っていないようで、力が入らない。最初の下りは良いとして、東照宮からの登りはホウホウノテイで足を運ぶ。途中からは、石畳の参詣道があったので、景色を楽しみながら歩けた。神社は由緒正しき、で苔むしたそこここが楽しめる。行って良かった。
普段は食べない朝食を取る。パンが美味しい。直に気力も回復。
10時頃から中禅寺湖畔を走る。涼しい。男体山が半分見えていて景色も申し分なし。歩を運びながら楽しくて頬が緩むのが分かる。が、だんだん道は本格的な登山路の様相で走るのは無理になる。さらに道に迷い、予定外の沢登り沢下りで難儀してしまう。ランパン・ランシャツでは無理なコースで脚と腕にあちこち擦り傷・切り傷ができてしまった。それでも湖の景色は変化に富んで美しい。
結局予定していた中禅寺湖1周27kmの半分、千手が浜で予定の時間になってしまう。バスで走り始めの立木観音までもどり、湖畔の温泉に浸かって疲れを癒す。
充実した合宿だった。

広告