エゾホソバトリカブト


8月19日13時21分夕張岳。
頂上への最後のアプローチ、急坂に咲いている。ここから13分で頂上。うす曇りで視界が良い。ここまで出会った人は10人くらい。頂上には2人。お気に入りの前岳をバックに写真を撮ってもらう。あちこち登頂報告を入れようと携帯を手にするが、電波がない。

「スポーツ栄養学」
筋グリコーゲンが枯渇した後、再充填されるには48時間以上かかることがある。筋細胞に損傷を生ずるような運動の後は、さらに時間がかかる。マラソンの後などは7日以上かかるかもしれない。
高炭水化物食はグリコーゲンの再充填を助ける。10マイル走後のインターバルで60%くらいまで減少した筋グリコーゲンは炭水化物375gの摂取では1日で回復しない。525g以上摂取した場合には1日で回復する。筋グリコーゲンを消費する運動の後には500g以上の高炭水化物食が必要である。
連日の運動では低炭水化物食での筋グリコーゲン減少が日を追って顕著になる。この場合、衰弱状態、気の抜けた感じになる。
スポーツに必要な食物。炭水化物豊富なもの、特に精製されていないデンプン質のものが良い。全粒穀類、穀類加工品(全麦パン、グラノラやミューズリーなど)、生果実、乾燥果実、生野菜、インゲン豆類、エンドウ類、レンズ豆。食物繊維を含んだこれらは炭水化物豊富なだけでなく、繊維やタンパク質、ビタミンやミネラルも豊富である。炭水化物源に注意を払うだけで、多くの有益な栄養素の摂取も実質的に増すことができる。

広告