皇居ラン


昨日は、懸案のシューズを買った。今のシューズは完璧にフィットしているので同じものにする。店員さんに言わせると1000kmくらいが寿命なのだと言う。サロマ100kmでソールが痛んだのはやはり足を引きづった特殊事情による。ついでと言っては何だが、トレールラン用のシューズも選んでもらう。
涼しくなったので皇居へのランニングが驚くほど楽。相変わらずスピードは上がらないが鼻歌混じりで20kmを走りきる。トレールラン用のシューズを試しに履いたが、これも問題なし。ソールが硬いので最初少し違和感があったが、直に慣れて安心。これも良くフィットしている。
写真はヤマホトトギス、9月22日自然教育園にて。

ラン: 皇居往復、皇居2周20km。
背中の筋肉で膝を押すようなイメージが出てきた。拇指球に力強く乗って行ける。走る前58kg。走り終えて58kg。途中1リットルの水分補給。汗の量が激減した。

広告