ヤマハッカ


11月20日ねむのきの庭にて。

「豊かさの栄養学」
(ちょっと読み飛ばしていた)。
飽和脂肪酸が多くなると室温で固体になる。牛や豚の体温は人間より少し高いので支障がない。同じ脂肪が人間の体温では固まってくるため、血液の粘度が高まり流れにくくなる。赤血球がくっつきあうようになる。食後1時間くらいから赤血球がくっつき始め6時間後にピークに達する。そうすると末梢血管を通ることができなくなり、酸素の供給量が30%ほど落ち込むことも珍しくない、との報告がある。

広告