宮古島100kmウルトラ遠足(とおあし)


1月12日、来間大橋(宮古島)の夕陽。
朝5時、暗い時間にスタートして13時間近く。夕陽が大きく傾いてきた。
95km付近のアップダウンを1km以上も歩いてきて振り返る。この後、最後のエイドで飲んだ水がやっと身体をめぐり始めたのか、また走れるようになる。残り2km半くらいを歩くのと大差ないスピードで走りついにゴール。楽しくも長い1日だった。南国のサンゴ礁の碧い海がきれいだった。走りながら見た景色が目に残っている。

1月12日の宮古島地方は75年ぶりに観測すると言う暑さで、4月の気候だったらしい。スタート時の気温は21.9℃。最高気温は26.4℃だったと言うから、熱中症で棄権した人も多かったに違いない。例年80%以上の完走率なのが63%くらいだったとか。

今朝はゆっくりだが走れるようになった。

ラン: 4km約30分。

広告