ハナズオウ


3月29日近所にて。

昨日は結局丸1日休養。
今朝もまだ張りが残っているくらいなのでしょうがない。
ランナーズ5月号には、フルマラソンとハーフマラソン、10kmの記録の相関が載っている。1500mを越えると有酸素運動能力で記録が決まるので予測可能になる。
フルのベスト3時間46分1秒から予測するとハーフは1時間43分41秒~38分16秒。これまでのハーフのベストは1時間43分22秒なので、もう少し早く走れる計算になる。逆にハーフのベストから予測すると3時間49分28秒~57分45秒。当たり前だがこちらからもハーフがもう少し早いはずと言う結論になる。
10kmの記録は取ったことはないが、フルの記録からは47分35秒~46分8秒と予想される。
「ランニング読本」にはVo2Maxと記録の相関が載っている。フルのベストから求めると41ml/kgくらいになり、このVo2Maxでのハーフの目標は1時間48分40。これによると逆にハーフが早すぎることになる。ハーフの記録からVo2Maxを求めると44ml/kg近い。これだとフルの記録は3時間32分23秒。とてもそんなタイムで走れそうもない。Vo2Maxの割りに筋持久力が不足していると言うことなのだろう。
が、Vo2Max41~44で10kmを予測すると、49分~46分くらいになり、これはランナーズの予測とも近い。29日の駅伝はこのあたりを目標に走れば良さそう。

広告