ツリガネソウ


4月29日、目黒駅近くにて。

中江克己「古代七大王国の謎」
読み直し。以前読んだときよりも理解が進む。日向、筑紫、吉備、出雲、、、。確実な史料を基に偏見を排除した記述に徹している。弥生時代から古墳時代に亘る1000年近い期間のクニの興亡。その2、300年も後、奈良時代に成立した記紀、風土記の記述が何を意味するか。思い込みで読みがちな多くに気づかされる。大和の王権について、こう言う読み物が欲しいと思わせる。

広告