クレマティス


5月24日近所のお宅。

工藤進「日本語はどこから生まれたか 日本語・インド=ヨーロッパ語同一起源説」
遺伝子による現代のヒトの分岐の推定。現代人は10万年前ナイル川上流に誕生。東北に移動したその一部はカスピ海の南で5万5千年前に南北に分岐。3万5000年前までにコーカサスで再び分岐し、東へ向かった者が東北アジアに達した。1万5000年前までにさらに細分化して南東に向かった者が日本列島にも達した。これが縄文時代の幕開け。さらに3000年前までに同系統になる大陸人の第二波が弥生時代を築く。
これまで読んできた本からの印象は縄文人は南方系からきた種族のようだったのだが間違えて読んでいたのだろうか。新しい発見があって有力とされる説が変わったのだろうか。

広告