シャクヤク


5月24日花の小公園。

「日本語はどこから生まれたか」
通底する日本語と印欧語。
置くと言う概念は掟に関係する。同じ関係が印欧語にもある。(音形は似ていない)。
言と法も相関する。どちらもノリであるとする。沖縄の巫女はノロ。告(ノ)ルに通じると言う。祝詞(ノリト)もそう。祈り(イノリ)とも通じる。同じ概念関係が印欧語にもある。(こちらも音形はまったく違う)。
このような概念関係の相似から、印欧語との関係で日本語の起源を考え直したい。

広告