トキワツユクサ


6月21日、花の小公園にて。

「コメを選んだ日本の歴史」
華北のムギ、華南のコメ。前者は羊・山羊・牛・乳とセットの文化を生み、後者は魚醤と豚・鶏がセットの文化を生んだ。
縄文のコメはアカマイなど、陸稲系が主だった可能性が高い。雑穀・芋など畑作が伴っていた。これは柳田が主張した南方「海上の道」を伝ってきたのかもしれない。列島全体に広がったが東北地方と南島に残った。
弥生のコメは水田稲作。これは朝鮮半島を経由し、北九州から入ったと考えるのが妥当である。列島南西部に濃密に分布する。
弥生時代、大量の渡来人が大陸から移住してきた。弥生時代の人口増加率はそれ以前に比べて著しい。渡来系の弥生人は中国東北部付近から来たツングース系の人々と考えられる。それに対し在来系弥生人は縄文人やアイヌ人と同系で中国南部の新石器時代人や盗難アジア人に近い特徴がある。その二つの集団が混血を繰り返し現代日本人となったが、その形質は渡来系弥生人に近いとされる。

広告