グルメツーリング


名前不明9月15日七里ガ浜「おさかなてい」前にて。おさかなていは鎌倉プリンスホテルを少し登ったところにある。

昨日は「うまいもんツアー」のお誘いに乗り、疲労残りを頑張って江ノ島往還。走り始めてすぐに後悔したのだが。
集合場所は川崎の御幸公園。第二京浜沿いにある。第二京浜はアップダウンが少なくて比較的楽に走れる。集合した後は16人が列になって整然と進む。川崎、横浜、大船を抜け、円覚寺を横目に鎌倉は八幡様に入る。材木座海岸に抜けて後は海岸沿いに七里ガ浜まで。鎌倉は祭りの真っ最中。北鎌倉からは渋滞が激しくて、路側をすり抜るように進むので神経が疲れる。鎌倉プリンスからは40mくらいを一気に登るのでかなり堪えた。
さて、「うまいもん」は、鎌倉ビールに、イワシとオオバのかき揚げ、近海もののにぎり、つみれ汁。活きの良いイワシが御馳走のヘルシーメニュー。鎌倉ビールは美味かったが、帰路を計算して飲みすぎないように気を使う。復路もあるグルメツーリングは自制心が肝心。
食後は食休みの間もなく帰路につく。鎌倉の渋滞を避け、国道1号線に出てしまう。帰路は前について行くことができない。全身疲労感の塊。箱根駅伝のコースはランで走ったことがあり、坂には覚えがあったのが救い。戸塚、保土ヶ谷を通り、横浜に入ったところで、待っていたメンバと再会。横浜からは国道15号線を進む。東神奈川、生麦、鶴見、川崎とこちらも見覚えのある道だ。アップダウンがまったくなく、巡航することができて少し疲労が治まる。川崎で数人と別れ、平和島の辺りで全員と別れた。暗くなってきていて心細いが、そのまま進み、山手通りを五反田に出る。
夜、風呂上がりに突然ハムストリングがつって難儀した。

バイク: 江ノ島往還。108km。
引き足を意識して使うことをテーマに走った。踏み足は重力に任せるだけで十分な状況が多い。上り坂でもパワーが出る様子。脚がつることもなく走り切る。途中、師匠から大殿筋を意識的に使うように指導あり。趣旨はハンドルに荷重をかけないことにあるらしい。そうすると引き足が使いにくい気がする。両立するように練習する必要がある。

広告