雪道トレイル


2008年12月23日丹沢蛭ケ岳への道。

昨日は丹沢蛭ヶ岳に弔い登山。登り始めてすぐに一昨日の雪が1、2cm積もっている。装備はランニング用。とても蛭にはたどり着きそうにないので、雪が深くなったら引き返すつもりで登り続ける。登るにつれて前を歩いた人の足跡が土から雪に変わって行く。景色はどんどん本格的な雪山。スキー場にいるようだ。時折顔を出す陽に木に積もった雪が光る。それでも足元はそれほど変わらない。結局、蛭ヶ岳まで積雪は1、2cmのまま。山中均等に降ったようだ。
相模湖駅に7時集合。車で北丹沢トレイルランのスタートポイントの青根緑の休暇村まで行き、8時スタート。すぐに急坂の登りになる。石くれが転がっていて歩きにくい。30分ほど登ると辺りの杉の葉が白く染まっている。霧が霜になって付いているのかと思った。少し登ると地面にも一面に霜が降りたようになっている。スタートから1時間ほどすると明らかに雪が積もっている。それでも滑ることもなく、むしろ歩きに易いくらいになってきた。木の枝に氷が鋭い花弁の花を咲かせている。きれいだ。2時間ほどで尾根筋、東海自然遊歩道にたどりつく。ここからは登り勾配がかなり楽になる。30分ほど行くと姫次。1000m登ってきたことになる。霧が深くて蛭ヶ岳は見えない。雪道の足元は変わらない。蛭ヶ岳に向かって少し下ると里山のような雰囲気。一面の雪がきれいで陽気な気分になる。空が少し晴れて来て、遠方の山の眺望も開けてくる。11時20分ころ、蛭への取り付きにたどりつく。周りの山々の景色はますます美しい。30分ほどで頂上。寒々とした景色の中で反対側から登ってきた人と話込む。山小屋でしばし休憩。管理人さんに挨拶し、お昼を食べる。12時20分ころ、下山開始。晴れ間が広まり、雪景色の美しさに感嘆する。足元はあやしいが走れるところは走る。13半ころ姫次。今度は蛭ヶ岳が山小屋まで見える。14時20分ころ黍殻山。15時15分ころ下山。さらに15分くらい下り、癒しの湯に入る。湯が透明で、露天風呂が気持ち良い。風呂上がり、砂肝ともろきゅうで一杯、約1000円也。

広告