奥日光歩くスキー


2009年2月11日光徳XCスキー場から白根山方面。金精山か。

昨日は穏やかな天気の一日、奥日光で歩くスキー。男体山に雪が付いていない。いろは坂を登っても、中禅寺湖についても雪がない。戦場ヶ原も枯草が見えるあり様。いつものコースはあきらめるしかない。それでも光徳XCスキー場は整備されていて、安心して歩くスキーができる。逆川も流れが途切れることがなく、その流れに沿って下り、国道沿いのハルニレの林を歩く。普段のランニングと変わらない温度感で、スキーウェアでは汗だくになる。三本松のあたりで昼食休憩。湯を沸かしスープに、もらったおにぎりを美味しくいただく。熱燗が嬉しい。何故か蒸発したアルコールに火がついてしまい、酒の入ったコップが縮んでしまうハプニングも。日光アストリアホテルで前半のゴール。力を余したメンバで5kmの公認コースにトライ。半分を上り、半分を下るコース。不安定な歩き用のスキーで林道を下るのは恐いものがある。全体に暖かで風もなく、男体山を中心に雪山の景色を楽しんだ。

広告