ハナモモ


2009年4月12日二ヶ領用水にて。

関裕二「日本の神々」がわかる!
オオモノヌシノカミ。神武東征以前、出雲からやってきて、三輪に祀られた。その後、ニヒハヤヒノミコトがいずこからともなくヤマトに舞い下り、土着のナガスネヒコから支配権をもぎ取っている。その後、南九州から神武天皇がやってきて、やっとヤマトが建国されたとする。これは、巻向遺跡や前方後円墳を巡る考古学の指摘に符合する。祟神天皇の治世は思うようにいかず、それはオオモノヌシノカミの意思、祟りのためであった。その後もヤマトの王家は祟る出雲神に苦しめられ、丁重に祀り続けている。

広告