穂高岳登山


ご来光2009年7月20日穂高山荘にて。

一昨日は雨。前穂からの予定を変更し涸沢に回り込んでの穂高山荘泊。涸沢からは雨風が強くなり体力の消耗が激しい。昨日は朝から快晴。しかし風が強いこともあり、西穂への予定を変更して前穂から岳沢を下る。カール地形、岩山の下りは迫力がある。上高地につくころは体力・気力が限界近い。下山時間が早かったので明神池を散策したが、濡れた木の根に滑って転んでしまう。上高地温泉ホテルの温泉で疲れを癒し帰途に。中央道は大渋滞。新宿着21時の予定が22時半になってしまった。

広告

穂高岳登山」への5件のフィードバック

  1. Unknown
    穂高岳山荘からのすばらしいご来光が拝めて良かったですね。おめでとうございます。
    あさみさんからチラっと聞いていましたが、まさか奥穂~西穂が当初プランだったとは驚きです。好天でなく、前穂→岳沢にプラン変更されて良かったと思います。
    ヨシダさんは穂高は初でしたよね?今回のヨシダさんの一泊二日のルートを楽チンでこなせるくらいの体力余力がないと、奥~西は危険です。注意力が低下しますから。もしくは二泊三日にして、初日涸沢、二日目穂高岳山荘、で十分体力温存して三日目に奥→西、とか。
    穂高・槍エリア、特に奥~西は、落ちたら確実に死ぬポイントだらけです。技術・体力はもちろんのこと、注意力が重要です。疲れると注意力が落ちるので最も危険です。
    少なくとも、奥~西は、初穂高の人が入る場所ではないと思っています。ベテランと初心者を区別するつもりは毛頭ありませんが、少なくとも、山には、そのルート・山域の難易度・危険レベルを行ったことが無くても経験からイメージできて、どの程度の装備や工程が必要なのか自分で山行プランニングを立てられるだけの経験が無いうちは入るべきではないエリアがあると思っています。人に連れていってもらって登れる山と、自分でプランしなければいけない山との違いがあると。
    もし今回、天気が良くて奥~西をやったとして、おそらく何もなく縦走できたことでしょうが、それは結果オーライな登山です。落ちる確立1/100でも100回登れば1回は落ちますから。
    ぼくは、昨年8月に西→奥をやりましたが、体力と天気と装備を考慮しての12年越しの決断でした。
    大変失礼を承知でこざかしく説教たれてすみません。飲酒でチャリ飛ばしている分際でそんな資格は無いのですが。

  2. 無事でなによりです
    ヤンボーさんから西穂の怖さを聞いて、背筋が凍る思いをしていました。行かなかったと聞き、心からほっとしました。
    海よりよっぽど怖いじゃないですか~~

  3. 天候に恵まれました(笑)
    > ヤンボーさん
    ベテランで100回に1回?だったらその1回に当たるところでした。リーダの初日の判断が正解でしたね。

    > あさみさん
    いや、まぁ、どっちもどっち、かと。

  4. すごい写真
    お疲れさまでした~!
    これはまた、ぶりさんに負けず劣らず雄大な眺めのショットですねえ(@@)!でも穂高の難しさを知ってこの神々しい朝日にも納得がいきました。私は初心者OKな冨士の御来光を今年も見に行きます(^^)/

  5. ご来光
    前日雨風が激しかったので思いがけずと言った感じで拝めました。
    山は天気次第ですね。晴れ男/女と行きましょう!

コメントは受け付けていません。