高妻山登山


雨飾山2009年11月7日高妻山から。

戸隠トレイルランの前日は高妻山登山。登山口はレースコース途中の戸隠牧場にある。コースの案内表示があって翌日への期待と言うか雰囲気が盛り上がった。最初、沢沿いに登るので変化に富んで面白い。沢から分かれてすぐに鎖場があって体重を鎖にあずけないと昇り降りができない。尾根に出ると小ピークが連なって高妻山に近づく。ピークにはそれぞれ菩薩の名がついていて、仏道修行の場であったことが偲ばれる。尾根筋は展望が開けていて戸隠山は手が届きそうだ。雪を抱いた北アルプスや北側の雨飾山が美しい。途中から雪道になる。深いところは10cm以上は積っていたかもしれない。滑って転ばないように注意しながら登る。雪の急坂は、下りは恐いに違いないと思いながらも3点確保で登る。山頂は風もなく暖かだった。360度展望が開けていて絶景。北アルプスの山の名を数えながらお昼をゆっくり食べる。槍ヶ岳や奥穂高も見えていたのだと思う。つい最近登ったばかりの山を見ると懐かしい。7時20分に駐車場出発し、10時45分山頂。11時30分ころ下山開始し13時50分ころ駐車場到着。
牧場にある食堂できのこ蕎麦を食べる。受付けのある戸隠スキー場を通り越し、戸隠神社中社近くの神告温泉湯行館で温泉に浸かりゆっくりした。

広告