北アルプス夕景


2009年12月27日志賀高原ぶな平から。

今年もPCの前で年を越しそうな状況。昨日、ほぼ10年ぶりにディスプレイを新調したのは良いのだが、グラフィックボードのインストールの途中でネットワーク接続ができない状態になってしまった。原因・理由とも不明だが、IP接続のためのネットワークアダプタが見つけられなくなってしまった。同じネットワーク上のPCを認識してファイル交換は可能なのでハード障害ではないのだが、何とも手が出ない。結局、Windowsの再インストールを敢行。それで復活したのだが何とも後味が悪い。アプリケーションと各種設定を1からやり直さないといけないのも痛い。年明けもPCの前で迎えることになる。
ディスプレイ交換の理由は要するに大きな画面が必要になったこと。写真は実写サイズで美しく見れる。スライドショーは感激もの。2画面を使っての作業は効率的。それはそれは快適でまた10年は使えるに違いない。
さて今年の反省も来年の抱負もインストール作業が落ち着いてからにしよう。

広告

妙高山・火打山


2009年12月29日寺子屋から。左端は雨飾山が見えているかどうか。右手前の雲の膨らんでいる辺りは斑尾らしい。手前、建物は東館山ゴンドラの駅。

志賀スキー行


槍・穂高あたり2009年12月29日。焼額山から。右から、燕・槍ヶ岳・奥穂高・前穂高・蝶・乗鞍。

今シーズンの初すべり。志賀も今年は雪が遅くて心配していた。予想通り雪は少なく、雪質も今一歩。それでもほぼ全面、普通に滑れるところが志賀の良いところ。
ぶな平の宿はゲレンデの中。発哺に車を止めて、雪上車で迎えに来てくれる。
27日は午後から。天気が良くて焼額・奥志賀まで足を伸ばした。
28日は曇り時々雪、ガスが出て視界は今一歩。それでも西館山・高天原・一ノ瀬・寺子屋・東館山を廻り歩く。お昼はお約束のカレー。11時半に行ったらぎりぎりセーフで、その後に来た人たちは待ちが長い。
今日29日は朝曇り。残念な気持ちでぶな平を滑り下り東館山のゴンドラを登っているうちに晴れ上がり始める。頂上に着いたころには快晴。横手山に行こうと一ノ瀬を下り、シャトルバスに並んだが硯川まででも1時間かかることが分かり断念。横手山山頂のパンは食べそこなった。奥志賀・焼額をメインに滑る。28日の雪で雪質が良くなり、疲れた脚にも滑りやすい。岩菅山・寺子屋山・横手山はもちろん、浅間山・北アルプスがくっきり見えて、山を眺めているだけで飽きることがない。お昼は奥志賀レストラン。少し高いがゆったりくつろげる。帰路は寺子屋で少し滑り、東館山を下る。疲れ切ってしまったのでオリンピックコースは敬遠し、ツアーコースを惜しむように滑った。宿から発哺の駐車場へは今度はスノーモビルで運んでくれる。楽しい3日だった。

芦ノ湖


2009年12月20日

今日からスキー、志賀高原へ。先々週はまだ雪がないようで運休のリフトが多くて心配だったが、今はもうどこも運転中。新雪を楽しめそう。

本社ヶ丸トレイル


富士山2009年12月23日本社ヶ丸から。

昨日は笹子駅からのトレイル。ゴールの後は笹一酒造で大宴会。残り2本と言う特別限定吟醸無濾過生原酒1升瓶を4人で平らげてご満悦。とりつきは今まで経験したことのないほどの激登り。尾根に辿りつくと三峰の影から富士が次第に全景を見せる。本社ヶ丸の辺りでは河口湖も見えて絶景。トレイルを行くにつれて富士は少しずつ角度を変えるが、この辺り富士が一番美しく見えるのかもしれない。本社ヶ丸の少し先の南斜面は暖かでゆっくり昼を摂る。例によってバーナーで湯を沸かしインスタントラーメンとコーヒーを楽しむ。清八山から先女坂峠までは点線のルートで踏み跡が怪しい。大沢山から笹子への尾根道は古い地図にはないルート。きれいなトレイルなのだが、小枝が邪魔するところや、落ち葉で道が見えないところがある。最後に尾根を下りるところは道を失い、崖を下った。
帰路、八王子の稲荷湯で温まり、豚ちきでラーメンを食べて帰る。